知立市おすすめのペット葬儀会社は?業者選びで失敗しないポイント

ペット火葬・葬儀

【知立市】おすすめのペット葬儀・火葬会社は?業者選びで失敗しないポイント

  • ペットが亡くなったご家族の方
  • 安心価格でペット葬儀をご利用になりたい方
  • はじめてのペット火葬でご不安な方

みなさんはペット葬儀という言葉をご存じでしょうか?

ペットを飼っている方でも、あまり耳慣れない言葉かもしれません。 ペット葬儀とは、亡くなったペットを人間と同じように火葬して、埋葬や供養をしてあげることです。

ペット葬儀には、残された飼い主に心の整理をつけることや、最後のお別れを言うことで気持ちに区切りをつける役割もあります。

このページでは、そんなペット葬儀にまつわるトラブルと、信頼できる葬儀会社、ペット供養の方法を解説していきます。

ペット葬儀でお悩みの方に、少しでも参考になれば幸いです。

ペット葬儀のトラブル

猫が微笑んでいる

ペットも家族として認められるようになり、亡くなった後でも、手厚く供養してあげたいという考え方が一般的になってきました。

その結果、ペット葬儀の需要は急速に高まり、様々な業者がペットの葬儀業界に新規参入しています。 しっかりした業者がいる中で、ひどい悪徳業者が存在しているのも現実です。

まずは、そんな悪徳業者によるペット葬儀のトラブルについて紹介していきます。

突然の高額請求

ペット葬儀のトラブルで最も多いのが、費用の問題です。 特に悪質なのは、遺体を火葬炉に入れて、後戻りが出来なくなってから行われます。 この状態から「棺が特別性だった」などと理由を述べて、高額な料金を請求するのです。

過去には、支払いを断った飼い主に「火葬を中断する」「遺骨は返さない」 といった脅しをかけ、高額な費用を請求した業者もいました。

また、骨壺や仏具、位牌といったグッズを高額でサービスとして押し付け、不当な追加料金を請求してくる業者もいるので、注意しましょう。

遺体を火葬しない

遺体を預かり、火葬したように見せかけて、そのまま山中など見つかりにくい場所へ捨ててしまいます。 そして、火葬したと偽って、全く違う動物の骨を飼い主に渡していました。 業者によっては、火葬炉も霊園も持っていないのにも関わらず、これらを完備していると偽って広告を出しているところもあります。

遺骨のトラブル

ペット葬儀では、遺骨によるトラブルも多くあります。 よくあるのは、「遺骨が骨壺に入っていなかった」というものです。 そもそも火葬炉を完備していない業者は火葬ができないため、遺骨がありません。 そのため、遺骨が入っていない空の骨壺を飼い主に渡していました。

飼い主にとっては、絶対に許せない事件ですが、どうしてこんなに多くの問題が起きているのでしょうか?

実はペット葬儀には、法の規制がほとんど存在しません。

残念なことですが、亡くなってしまった動物の遺体は、「廃棄物」に分類されてしまいます。 資格などもいらないため、誰でも簡単に新規参入が出来てしまうのです。 その結果、金銭目的の悪徳な業者が増えて、トラブルが多発してきました。

ペット火葬で起こるトラブルを回避する方法

ペット火葬で起こるトラブル

悪徳業者に出会わないためにも、前もって対策することが大切です。 ペットが亡くなった直後は非常に悲しくて、なかなか冷静な判断ができない時ですが、落ち着いて行動しましょう。

飼い主として、大切なペットを見送ってあげるために、正しい知識を身に付けてください。 ここからは、ペットの葬儀でトラブルに遭わないための対策をご紹介します。

見積書は総額の金額を書面でもらう

見積書は書面でもらいましょう。 悪徳業者はコロコロと葬儀の金額を変えてくるので、最初の見積もり金額と、最終的に契約する時の金額が異なる場合があります。

ですので、見積もりは必ず最終的な総額で出してもらいましょう。 さらに総額を書面で残せば、費用の証拠を残すことが可能です。

優良な葬儀会社であれば、要望通りのしっかりとした見積書を提示してくれます。

契約書のサインは注意深く行う

ペットが亡くなると悲しく、心に余裕が持てないかもしれません。 そんな飼い主の弱みに付け込んで、悪徳業者は契約書のサインを急かしてきます。

よく見ると、契約書には葬儀後も継続的に法事を行う内容や、小さな文字で追加費用が発生すると書かれている場合もあるので注意しましょう。 その費用は、相場では考えられないくらい高額です。

少しでも怪しいと感じたら、サインをしてはいけません。 火葬や葬儀が始まる前に、しっかりと確認し納得してからサインをしてください。

会社が信頼できるか確認する

ホームページの会社情報も大切です。 依頼する業者の会社名や住所、連絡先の情報が載っているか確認しましょう。

過去にどれくらいの実績があるか、口コミや評判を見れば業者の雰囲気も分かってきます。 ネットですぐに分かる時代なので、評判が悪い会社は避けるのが無難です。

またペット葬儀業界には、ペット葬儀の地位向上と信頼性を高めるために結成された業界団体があります。

この業界団体には以下のものがあります。

  • 一般社団法人全国ペット霊園協会
  • 一般社団法人日本動物葬儀霊園協会
  • 動物供養協議会

加盟している優良な業者は会費を支払い、十分な設備が整っていて、ガイドラインに沿った葬儀会社です。 悪徳業者は団体に所属しておらず、それどころか存在しない架空の団体名をホームページに記載しています。

業界団体に所属していないからといって、必ずしも悪徳とは言えません。 しかし、こういった情報を調べることは、信頼できるペット葬儀業者を選ぶための指標でもあります。

最寄りの生活センターをチェックする

万が一、悪徳業者によるトラブルが起きてしまった場合は、消費者センターに相談しましょう。 最寄りの消費者生活センターに電話で相談することができます。

同時に、不当な金銭の要求や動物の遺棄は立派な犯罪なので、警察にも連絡してください。 事前に相談先を把握しておくことが大切です。

参照:消費者庁 消費者ホットライン

知立市でおすすめのペット葬儀業者

おすすめのペット葬儀業者

ペットを失くしたばかりの状態で、信頼できるペット葬儀業者を調べるのは大変ですし、時間もかかります。

最愛のペットを納得できるかたちで送ってあげるには、 ペット葬儀110番がおすすめです。
ここからは、どうしてこの葬儀会社が信頼できるのか、詳しい内容を説明していきます。

追加料金なしで格安

ペット葬儀110番では、見積り後の追加料金は一切かかりません。 やはり、こういったサービスで一番気になるのは価格面ですよね。 これまで費用に関するトラブルについて解説しましたが、「ペット葬儀110番」では、そんなことはあり得ません。

さらにすべてのプランの中に、出張費や骨壺、骨袋などのオプションが全部含まれており、非常に安くなっています。 プラン自体も、「霊園供養プラン」「個別一任プラン」「家族立ち合いプラン」のシンプルな3つのプランで非常に分かりやすいため、初めての方でも安心です。

霊園共有プラン 個別一任プラン 家族立ち合いプラン
料金 税込み8,555円~ 税込み15,400円~ 税込み17,600円~
内容 遺体を預かり、合同火葬した後、 提携霊園にて埋葬する。 遺体を預かり、個別火葬。 スタッフが拾骨を行い、骨壺・骨袋に収めて返骨する。 火葬車での個別火葬。 火葬後、家族でお骨上げをしていただき、骨壺・骨袋に納めてお返しするプラン。
ご自宅へ訪問 約30分 約30~ 約2時間

キャンセル料も一切かかりませんので、相談だけでもしてみましょう。

24時間365日いつでも対応可能

24時間365日いつでもスタッフが待機しており、どんな時でも電話相談が可能です。 また日本全国に代理店があり、お住まいがどこであろうとも即座に対応してもらえます。

専門のスタッフがご自宅や指定された場所へ迅速に伺い、早朝や深夜、休祝日など他の葬儀会社では対応してくれない時間でも葬儀を行ってくれます。

東証上場企業が運営している

運営会社は東証上場企業であり、信頼感があります。 霊園の管理など、ペット葬儀では長期間関係が続くこともありますが、突然閉園する心配もありません。

お客様アンケート、顧客満足度や価格満足度でも高く評価されているので、安心してサービスが受けられます。

生前見積り可能

生前のうちから、ペットの死について考えるのは非常につらいことです。 しかし、実際にペットが亡くなってからは時間もなく、落ち着かないだけではありません。その悲しみから満足のいく葬儀を考えることも難しくなります。

あらかじめプランを練っておけば、スムーズな葬儀を行うことが可能です。

特に、もうあまり時間が残されていない、老犬や老猫などを飼っていらっしゃる方は、ぜひとも一度生前見積りを考えてみて下さい。

亡くなったペットの安置方法と供養の仕方

ペットの安置方法と供養の仕方

「ペットが亡くなってしまい、葬儀を行いたいけどよく分からない」 そんな方のために、具体的にペット葬儀の準備について解説していきます。

ペットが亡くなってしまう、という現実は非常に悲しいものですが、お別れの時間を最大限よいものにするためにも、感謝を込めて葬儀の準備をしてあげましょう。

葬儀までの間は正しく安置しておく

ペットが亡くなったら、葬儀までしっかりと安置しておかなければいけません。 死後2時間くらい経つと死後硬直が進み、体がうまく曲げられなくなります。

そのため、素早い安置が必要です。
正しく安置するために、以下の物を用意しましょう。

  • 棺となるもの
  • 敷物や毛布
  • 保冷材やドライアイス
  • 副葬品

まず、ペットの棺を用意しましょう。 段ボールなどでも構いませんが、燃えにくい分厚い段ボールは火葬に影響を及ぼします。 専用の棺はネット通販でも安く購入できるので、おすすめです。

棺の一番底には、遺体から出る体液や血液で周りを汚さないために、ビニールシートを敷いてください。 その上にペットシーツやお気に入りの毛布などを敷いてあげるとよいでしょう。

やさしく寝かせて、保冷材やドライアイスをお腹や首元に置くと腐敗するのを防ぐことができます。 最後に副葬品として好んでいたエサやお花、写真などを入れてあげてください。

ここで注意することは、プラスティックや金属などは火葬できないことです。 よく遊んだ玩具や、エサを食べる時に使っていたトレーは燃えないので、棺に入れることは出来ません。 ですが、使用する火葬炉によっても変わってくるため、契約の時に葬儀会社に確認しましょう。

飼い主さんが納得できるペットの供養方法を決める

遺体の安置が出来ましたら、どのように供養するかを決断しましょう。

合同火葬や保健所での火葬は、比較的安価であることが多いですが、火葬後の遺骨が返ってこない、個別供養が行えないなど、制限が付くので注意してください。

供養の仕方は大きく分けると「埋葬」か「散骨」に分けられます。

埋葬

ペットの遺骨を霊園などでお墓に収めてあげる供養方法です。 埋葬の中でも、さらに「個別供養」と「合同供養」の2つに分けられます。

「個別供養」では遺骨や骨壺は飼い主が管理します。 お墓自体も個人の宗教観を反映させることが可能です。 霊園によっては、人間と同じスペースにお骨を入れることが出来たり、お花や供物などをお供えしたりと、人間と同じような供養が行えます。

「合同供養」は「ペットを寂しく眠らせたくない」という飼い主の考え方もあって、近年選ばれることが増えてきました。 いろんなペットと合同で供養するので、個別の管理は行えませんが、月令供養など霊園で取りまとめた法要が行われます。 また、費用自体も安く済み、霊園側が修理や清掃などを行ってくれるという手間の少なさからも支持されています。

散骨

「自然で生きるはずのペットを、最期は自然の中へ還してあげたい」 という飼い主の思いから、海や山に遺骨を撒く方法です。

遺骨は、特殊なパウダー状に砕くことで、環境への影響を少なくします。
しかし、他人の所有地で行うには、権利者の許可が必要なので注意しましょう。

まとめ

この記事では、ペット葬儀でトラブルに遭わないための方法と、葬儀や供養の仕方について紹介してきました。

具体的には

  • ペット葬儀会社の中には、悪徳業者も存在する。
  • 悪徳業者を避けるためには、業者の評判や情報を隅々まで確認することが重要。
  • ペット葬儀110番なら顧客満足度も高く、安心してペットを見送れる。

ということでした。

かわいいペットとの最期の時間を大切にして、心置きなく葬儀が行えることを祈っております。

ご相談や問い合わせはもちろん無料です。ぜひ連絡してみて下さい。