北名古屋市でペット火葬料金が安いおすすめ業者はどこ?後悔しない火葬業者の選び方

ペット火葬・葬儀

北名古屋市でペット火葬料金が安いおすすめ業者はどこ?後悔しない葬儀会社の選び方

  • ペットが亡くなったご家族の方
  • 安心価格でペット葬儀をご利用になりたい方
  • はじめてのペット火葬でご不安な方

北名古屋市でペットが亡くなってしまうと、家族の一員をなくしてしまったようにつらいですよね。 喪失感を感じ、「葬儀のことなんて考えたくない」という気持ちもあると思います。

しかし、悲しんでばかりではいられません。 1番大切なのは、いつも癒してくれたペットの最期を丁寧に見送ることです。

後悔しないためにも、過去にペット葬儀で起きたトラブルを参考にしながら、安心して依頼できるペット葬儀業者をご紹介します。

初めての方でも分かりやすく書いてあるので、ペット葬儀について詳しくなりましょう。

ペット火葬で起こるトラブル

猫が寝ている

北名古屋市で犬や猫、ハムスターなどのペットが亡くなったら、納得のいくペット葬儀をしてあげたいですよね。

しかし、ペット葬儀業界には悪徳業者によるトラブルが増えています。 近年のペットブームで葬儀の需要が増えていることを逆手にとって、知識の無い素人がペット葬儀業界に参入してきました。 その結果、利益重視の悪徳業者も多数存在しているのです。

まずは、その具体的なトラブルをご紹介します。

火葬の最中に不当な費用を請求される

身に覚えの無い、高額な費用を請求されてトラブルになった事例があります。 見積もり後にオプションと称して壺やグッズが勝手に追加されるのです。

その業者は、遺体を焼却炉に入れた後に費用を請求していました。 後戻りができない状態ですので、拒否したら「生焼けで返す」と脅して支払わせるのです。 お金のことになると、業者も目の色を変えてきます。 非常に悪質な手口なので、注意しましょう。

遺体が火葬されない

ペットを火葬せずに遺体を山奥に捨てていたトラブルです。

火葬炉も完備せず、飼い主から預かったペットを火葬したように見せかけていました。 そして、全く異なる動物の骨を飼い主に返していたのです。

愛護動物の遺体遺棄は法律により禁止されており、ペットを遺棄した業者は逮捕されました。

常識では考えられない悪質なトラブルは、今でも少なからず起きています。 このようなトラブルに遭わないためには、どうしたらいいのでしょうか。

ペット火葬で起こるトラブルを回避する方法

ペット火葬で起こるトラブル

悪徳業者に出会わないためにも、前もって対策することが大切です。 ペットが亡くなった直後は非常に悲しくて、なかなか冷静な判断ができない時ですが、落ち着いて行動しましょう。

飼い主として、大切なペットを見送ってあげるために、正しい知識を身に付けてください。 ここからは、ペットの葬儀でトラブルに遭わないための対策をご紹介します。

見積書は総額の金額を書面でもらう

見積書は書面でもらいましょう。 悪徳業者はコロコロと葬儀の金額を変えてくるので、最初の見積もり金額と、最終的に契約する時の金額が異なる場合があります。

ですので、見積もりは必ず最終的な総額で出してもらいましょう。 さらに総額を書面で残せば、費用の証拠を残すことが可能です。

優良な葬儀会社であれば、要望通りのしっかりとした見積書を提示してくれます。

契約書のサインは注意深く行う

ペットが亡くなると悲しく、心に余裕が持てないかもしれません。 そんな飼い主の弱みに付け込んで、悪徳業者は契約書のサインを急かしてきます。

よく見ると、契約書には葬儀後も継続的に法事を行う内容や、小さな文字で追加費用が発生すると書かれている場合もあるので注意しましょう。 その費用は、相場では考えられないくらい高額です。

少しでも怪しいと感じたら、サインをしてはいけません。 火葬や葬儀が始まる前に、しっかりと確認し納得してからサインをしてください。

会社が信頼できるか確認する

ホームページの会社情報も大切です。 依頼する業者の会社名や住所、連絡先の情報が載っているか確認しましょう。

過去にどれくらいの実績があるか、口コミや評判を見れば業者の雰囲気も分かってきます。 ネットですぐに分かる時代なので、評判が悪い会社は避けるのが無難です。

またペット葬儀業界には、ペット葬儀の地位向上と信頼性を高めるために結成された業界団体があります。

この業界団体には以下のものがあります。

  • 一般社団法人全国ペット霊園協会
  • 一般社団法人日本動物葬儀霊園協会
  • 動物供養協議会

加盟している優良な業者は会費を支払い、十分な設備が整っていて、ガイドラインに沿った葬儀会社です。 悪徳業者は団体に所属しておらず、それどころか存在しない架空の団体名をホームページに記載しています。

業界団体に所属していないからといって、必ずしも悪徳とは言えません。 しかし、こういった情報を調べることは、信頼できるペット葬儀業者を選ぶための指標でもあります。

最寄りの生活センターをチェックする

万が一、悪徳業者によるトラブルが起きてしまった場合は、消費者センターに相談しましょう。 最寄りの消費者生活センターに電話で相談することができます。

同時に、不当な金銭の要求や動物の遺棄は立派な犯罪なので、警察にも連絡してください。 事前に相談先を把握しておくことが大切です。

参照:消費者庁 消費者ホットライン

北名古屋市でおすすめのペット葬儀業者

おすすめのペット葬儀業者

ここまで様々なトラブル事例について見てきました。 どれも恐ろしい内容ばかりですが、大切な家族であるペットの葬儀を安心して行える業者があります。

ペット葬儀110番です。

確かな実績と分かりやすい料金プラン、丁寧な作業で顧客満足度は98%を誇ります。 ここからは、安心してペットを見送れる「ペット葬儀110番」の魅力について解説するので、ぜひ参考にしてください。

生前見積もりが可能

人間と同様に、ペットの死もいつ訪れるか分かりません。 その時のために生前見積りを取っておくと、ペットが亡くなった直後でもすぐに対応できるようになります。

どんなプランがあるか、費用はどのくらいかかるのか、そんな悩みを抱えている方におすすめです。 またペットが亡くなると火葬までに時間は残されていません。 慌てて葬儀を決めたり、家族の意見を聞かずに決めたりすると後悔することもあります。

ペット葬儀110番では、生前見積りの資料請求は無料です。 初めての方でも分かりやすいパンフレットもあるので、事前によく検討してください。

3つの料金プランと火葬までの流れ

ペット葬儀110番では、飼い主様の要望や予算に合わせた料金プランが3つあります。 お引き取りして供養する霊園供養プラン、依頼件数No.1の個別一任プラン、家族でお見送りができる家族立会プランです。

それぞれのプラン料金と、流れは以下を参考にしてください。

霊園供養プラン 個別一任プラン 家族立ち合いプラン
料金 税込8,500円~ 税込15,400円~ 税込17,600円~
内容 遺体を預かり、合同火葬した後、 提携霊園にて埋葬する。 遺体を預かり、個別火葬。 スタッフが拾骨を行い、骨壺・骨袋に収めて返骨する。 火葬車での個別火葬。 火葬後、家族でお骨上げをしていただき、骨壺・骨袋に納めてお返しするプラン。
所要時間 約30分 約30分~ 約2時間

霊園供養プラン 85,000円~

  1. 供養の準備ができたら、担当スタッフがお迎えにあがります。
  2. ペットを飼い主様から預かります。費用もこのタイミングでお支払いください。
  3. 提携している火葬場で合同火葬し、その後埋葬されます。

個別火葬一任プラン 15,400円~

  1. 火葬車で担当スタッフがお迎えにあがります。
  2. ご近所の迷惑にならないように配慮しながら、火葬車で火葬します。
    (個別火葬一任プランでは飼い主様やご家族は立ち会えません)
  3. スタッフがお骨上げを行い、納骨した後に骨壺に入れて返骨されます。
  4. すべての供養が完了したら料金をお支払いください。

個別火葬家族立ち合いプラン 17,600円~

  1. 火葬車で担当スタッフがお迎えにあがります。
  2. 火葬車で火葬を行います。ご家族は立ち会うことが可能です。 たくさん癒してくれたペットに感謝して、最後のお別れをしてください。
  3. 火葬後はご家族皆さまで、お骨上げ、納骨をします。
  4. すべての供養が完了したら料金をお支払いください。

どんな動物でも対応可能

ハムスターなどの極小動物から、猫、うさぎ、小型犬、大型犬までの葬儀を値段別に対応しています。 極小動物のハムスターは8,500円から、セント・バーナードなどの大型犬68,200円までです。

動物の大きさやプランによって料金は大きく変わりますので、詳細は無料見積もりからお問合せください。 犬や猫だけではなく、エキゾチックアニマルにも対応しています。 他社では断れてしまう珍しいペットでも、柔軟に葬儀が行えるのでおすすめです。

亡くなったペットを葬儀まで正しく安置する方法

亡くなったペットを葬儀まで正しく安置する方法

家族として一緒に生活してきた大切なペットですが、亡くなると非常に早いスピードで腐敗していきます。 葬儀まで時間も無いため、少しでもきれいな状態で送ってあげるためには、正しく安置してください。

経験が無いと焦ってしまいますが、葬儀の準備はペットとの最期の時間です。 ここからは、ペットがきれいな姿で旅立てるよう、正しい安置の方法をご紹介します。

亡くなったペットを棺に入れる

亡くなったペットが安らかに旅立てるよう、棺に入れて安置してあげましょう。 遺体は死後、2時間ほどで硬直していきます。 出来るだけ硬直が始まるまでに、体の状態を整えてあげてください。

遺体を安置するのに必要なものは以下の通りです。

  • ペットシートや綿毛布などの敷物
  • 保冷剤やドライアイス
  • ペットが好きだった玩具など副葬品

葬儀会社に連絡すると、専用の棺を用意してくれます。 ネットで買うこともできますが、費用と時間が掛かるので、事前に用意してくのがおすすめです。 もし専用の棺が用意できない場合は、段ボールでも構いません。 その場合は、段ボールにビニール袋を巻いて、体液が漏れないようにしましょう。

他にもドライアイス、生前大好きだったご飯や玩具も用意してください。

正しく安置する手順

遺体から出てくる体液や排泄物には雑菌も含まれているので、安置する時は手袋をしてください。 安置する手順は以下の通りです。

STEP
棺の中にペットシートや毛布を敷く
STEP
ブラッシングを行い、タオルで体をふいてきれいしてあげる
STEP
手足を自然な形に曲げて棺の中へ入れる
STEP
手足を自然な形に曲げて棺の中へ入れる
(夏の暑い時期や暖房のかかった部屋では、遺体が傷みやすくなるので、保冷材を綿タオルなどで包んで近くに置きます。)
STEP
目や口を閉じる。
(口が開いてしまう場合は細い布で軽く結ぶ)
STEP
体液や血液が出てきたら、こまめにふき取る
STEP
鼻やお尻から排泄物が出てくる場合はガーゼで優しく塞ぐ
STEP
玩具やご飯、お花を入れてあげる

注意点として金属やプラスチックは燃えないので、どうしても入れたいものがある場合は業者に確認しましょう。

準備が済んだら、ペット火葬のためにペット葬儀業者へ連絡を行います。

犬の火葬をする方への注意点

ここで犬を飼っていた方は注意が必要です。

犬の場合は市町村役場への届出が義務付けられています。

死後30日以内に「犬鑑札・狂犬病予防注射済票・死亡届」の提出を必ずしてください。 届け出は保健センターへ出向く方法と、オンラインで申請する方法とがあります。

オンラインの場合は、各市町村のホームページに詳細が載っているので、参考にしてください。 地域によっては各自治体に申請書が用意されているので、直接書いて提出する方法もあります。

まとめ

北名古屋市でペットが亡くなって困っている方に、ペットの葬儀について解説してきました。

ペットが亡くなった時は、

  • ペット葬儀でトラブルに遭わないために、契約内容は書面で確認する
  • 安心してペット葬儀を行うなら生前見積りが可能で、分かりやすい料金プランのペット葬儀110番がおすすめ
  • ペットが亡くなったら速やかに安置して、葬儀に備える

ということを覚えておきましょう。 ペット葬儀の相談をしたいと思ったら、「ペット葬儀110番」へ連絡してみてください。 大切なペットとの最期の時間を優しくフォローしてくれます。